肌のクリニック院長のAGAブログ

医師が本気で考えるAGA治療・脱毛症治療

再生因子FGF7(KGF)と育毛

time 2015/03/04

前々回の記事でFGF7(KGF,ヒトオリゴペプチド5)の発毛における働きを説明しました。ミノキシジルもアデノシンもFGF7の産生を促進して発毛を促すのであれば、FGF7を直接使用したほうが良いのではないかという問いについてです。FGF7は、試験管内では発毛に関わる因子として研究が進んでいますが、実は臨床ではそれほど試験が行われていません。理由の一つに、価格が高いということがあげられますが、それ以外に大きな欠点があります。それは、安定性です。FGF7を溶液化すると、活性が徐々に消失してしまうことが知られています。活性化を保つためには、溶液化しないでフリーズドライ(凍結乾燥)した粉末にしなければなりません。例としてFGF7製剤ではありませんが、科研製薬から医療用で販売されているFGF2製剤のフィブラストスプレー®は、医師が処方した段階では粉末状になっています。処方された製剤を、患者さんが使用する前に付属の溶液と、FGF2の粉末を混ぜて使用します。一度溶液化したものは、10℃以下の冷暗所(つまり冷蔵庫)で保管し、2週間以内に使いきらなければなりません。科研製薬の担当者ともお話しましたが、17日間までは蛋白の重合化(寄り集まって固まってしまう)は起きないが、それ以降は重合化や変性が起きて活性が低下するとのことでした。そのため、使用期限が2週間と定められており、それ以上経ったものは、使用できません。ちなみに余談ですが、フィブラストスプレーの溶解液は、ベンザルコニウム塩化物(消毒液)を使用しています。また、FGF2は、皮膚への作用の他に歯槽骨再生作用があるために、歯周組織再生治療剤「KCB-1D」として、治験が行われています。

FGF2とFGF7 の安定性は多少は異なると思われますが、FGF7が水溶液中で1年以上安定した活性を保っていられるのであれば、大手の化粧品メーカーが商品化へ参入してくるでしょう。FGF7の発毛効果に関しては、貴重な臨床データがNPO法人EGF協会より出展されています。FGF7単剤の塗布(つまり頭皮に塗る)だけで、男性では10人中7人、女性では10人中9人に毛量増加を認めたという結果になっています。(FGF7単剤塗布による臨床実験。)EGF協会が行っている試験のように、添加するFGF7の濃度が高濃度であれば、徐々に活性が落ちていく中で、ある一定の期間は効果が認められるのでしょうが、溶液化されてから半年や1年以上たった後に、活性が残っているかは非常に疑問です。私が話を聞いた再生因子(成長因子)を扱う会社(商品を扱っている化粧品会社ではなく、自社で再生因子を製造している会社)では、市販されている再生因子入りの化粧品は、ほとんど効果が認められないだろうとの見解でした。実際にその会社が、市販されているEGF(上皮細胞成長因子)入りの化粧品を複数調査した結果、化粧品注のEGFの活性が消失してしまっていたとのことでした(その会社が調査した化粧品に限るため、すべてのEGF化粧品が効果がないとは言えません)。EGFは、成長因子の中ではまだ比較的安定性が高いほうなので、FGFであれば尚更活性の低下は避けられないと推察します。FGF7(KGF)入りを謳って発売されている育毛商品など、インターネットでは散見されますが、医学的に考えてどれほど効果があるのかは疑問です。一方で、豊富な再生因子を含むとされるヒトプラセンタ注射液であるラエンネック®は、様々な病気や症状に効果が認められるため、溶液化してもすべての再生因子が無くなるとは言えません。前回の記事で取り上げたBenev(ベネブ)も溶液化されていますが、一定の効果がありますし、未知の部分は残されていると考えます。実際に私が大学や検査機関に依頼して活性試験を行ったわけではありませんので、あくまで他社や他機関のデータや話に基づくものですが、いずれ検査機関に依頼して調べて見ようと思います。

肌のクリニック

院長 岩橋 陽介

院長 岩橋 陽介

東京のAGA治療専門皮膚科「肌のクリニック」の院長ブログ。Twitterではスタッフと院長がつぶやいています。 [詳細]