肌のクリニック院長のAGAブログ

医師が本気で考えるAGA治療・脱毛症治療

脂肪・歯髄幹細胞由来成長因子AGA治療症例3-1

time 2015/05/23

現在治験中の3人目の患者さんです。
70代男性。約10年間ミノキシジル(リアップ)の外用を行っていますが、頭頂部のM字を中心に全体的に徐々に薄毛が進行し、数年前にプロペシア1mg/dayを1年間服用しましたが、男性更年期障害のような症状が出現して中止しています。

C4月7日
※画像の転載を固く禁じます

写真は4月の初診時です。写真では分かり辛いのですが、全体的に髪の毛が細くなり、薄毛が目立ちます。こちらの方も症例1、症例2の方と同様、脂肪幹細胞由来成長因子と歯髄幹細胞由来成長因子をハーフサイドテストにて週に1度導入しています。

C5月13日
※画像の転載を固く禁じます

約1ヶ月後の写真です。次の方もそうですが、写真を取る際に、フラッシュや光の当たり方が同一条件でなく、失敗しました(だいたいナチュラルに撮れる条件がわかりましたので、次回からは同一条件で撮っていきます)。
この方は、特に副作用はないものの、効果に関しては認められていません。現在も治療中ですので、また1~2ヶ月後に経過写真を載せていきます。

肌のクリニック

院長 岩橋 陽介

院長 岩橋 陽介

東京のAGA治療専門皮膚科「肌のクリニック」の院長ブログ。Twitterではスタッフと院長がつぶやいています。 [詳細]