肌のクリニック院長のAGAブログ

医師が本気で考えるAGA治療・脱毛症治療

脂肪・歯髄幹細胞由来成長因子AGA治療症例2-1

time 2015/05/21

下記の画像も治験でご協力をいただいている患者さんの写真です。
30代男性。約7年前より頭頂部の薄毛が気になり出し、その後M字、前頭部、頭頂部ともに薄毛が進行し、5年前にリーブ21へ1年間通院するも改善せず(ちなみにリーブ21で1年間に使用した総額は200万円とのことです)。半年前よりミノキシジルタブレット5mg/dayとアボダート0.5mg/dayの内服をはじめて、進行は止まった感じはあったが、4月の初診時の時点では全体的に薄毛が目立つ状態で、劇的な効果は感じていないようでした。
B4月11日
※画像の転載を固く禁じます

写真は4月の初診時です。こちらの方も症例1と同様、脂肪幹細胞由来成長因子と歯髄幹細胞由来成長因子をハーフサイドテストにて週に1度導入しています。
B5月16日
※画像の転載を固く禁じます

5回導入、1ヶ月後の写真です。髪の毛はバリカンで剃ってから1週間弱とのことで、初診時とほぼ同じ条件にしてもらい撮影しました。M字の部分の改善は明らかではありませんが、全体的に若干密度が濃くなっています。本人も改善している自覚があるとのことです。副作用は何もなく、初期脱毛も認めませんでした。まだ1ヶ月のため、引き続き導入を続けていきます。

 

肌のクリニック

院長 岩橋 陽介

院長 岩橋 陽介

東京のAGA治療専門皮膚科「肌のクリニック」の院長ブログ。Twitterではスタッフと院長がつぶやいています。 [詳細]