肌のクリニック院長のAGAブログ

医師が本気で考えるAGA治療・脱毛症治療

AGAのための正しい洗髪方法

time 2015/04/04

洗いすぎない洗髪を

洗髪方法も洗顔方法も基本は同じですが、非常に大切なことがあります。それは「洗いすぎない」ということです。生まれてからAGAの症状が出るまで何十年と毎日洗髪してきたと思います。その習慣はどれだけ頭皮に影響を与えたのでしょうか。

シャンプーや洗顔料は、乳化剤(界面活性剤)ですから、水と油を混ぜるという作用があります。油である皮脂汚れを、シャワーの水と混ぜることによって落とす働きをします。

診察していて、ニキビの患者さんもAGAの患者さんもきれい好きな方が非常に多いのですが、それは、皮脂=毛穴のつまり=AGAやニキビの原因と思い込んでいるからのようです。毎日皮脂が綺麗に落ちるように、顔も頭も一生懸命洗います。しかし、洗えば洗うほど、必要な皮脂分も落ちてしまい、また肌の常在菌である善玉菌も減ってしまいます。さらにシャンプーや洗顔料の化学的な刺激による皮膚へのダメージは大きくなっていきます。

それでは、シャンプーや洗顔料を一切使用しない方が良いのでしょうか?これは、ケースバイケースです。一切使用しなくても、汚れや匂いが気にならないようであれば、一生使用しなくても問題ありません。

ただ、やはり男性は遺伝的に皮脂腺が大きく、毛穴に皮脂がたまって酸化され、黒ずみや毛穴のつまりを引き起こします。そのために、定期的に皮脂を落とす必要がでてくるのです。

角質培養法という民間療法が一時期流行った時に、半年間水洗顔のみで、一切洗顔料を使用しなかった患者さんを診察したことがありますが、ニキビダニの大量発生のために、顔中荒れてしまっていました。ニキビダニは誰の肌にもいますが、異常に増殖するとニキビや肌荒れの原因となります。皮脂が多いまま、あまりに落とさずに不潔にしておくと、皮脂を餌としてダニなどが異常増殖してくることがありますから、この患者さんには水洗顔は適さなかったのでしょう。

基本は湯シャン・水洗顔がおすすめ

私が患者さんにお勧めしているのは、水・ぬるま湯のみでの洗顔、洗髪です。それにプラスして、肌質や汚れの状況で、週に1~3回程度洗顔料やシャンプーを使って洗ってもらいます。

おすすめする洗顔料と洗髪料は、(株)パックスや(株)ミヨシなどが出している無添加せっけんです。

基本の形
洗顔→朝・晩2回の水・ぬるま湯での洗顔 週に2回のせっけん洗顔
頭皮→晩1回のぬるま湯洗髪 週に2回のせっけん洗髪(ケトコナゾールシャンプー)

AGA患者さんの場合、無添加せっけんの代わりに、前回紹介したケトコナゾールのシャンプーを使用するのが良いと思います。

基本形の洗顔料、シャンプーを使った洗顔、洗髪が少なすぎると思った方も多いと思います。しかし、シャワーを浴びてお湯だけでしっかり揉み洗いすることで、頭皮の汚れの大部分は落ちてしまいます。無理に合成界面活性剤を使用する必要はないです。

女性で毎日メイクをする場合、男性で皮脂が非常に多いケースの場合はどうでしょうか。

皮脂が多い・整髪料・メイクをする場合
洗顔→朝は水・ぬるま湯での洗顔 夜はメイク落とし+せっけん洗顔
頭皮→晩はせっけん洗顔 週に2回のケトコナゾールシャンプー

メイクはメイク落としが不要で石鹸で落とせるタイプのメイクが良く、整髪料はワックスなどの油性のものより、水溶性のジェルタイプのもののほうが簡単に落とせるので、頭皮への影響は少なくなります。

この形から、より自分に合った洗顔回数、洗髪回数を患者さん自身に決めてもらっています。

せっけんを使用する際の注意事項としては、よく泡立てることと、こすりすぎないこと、アルカリ性が強いためよく洗い流すことです。

それから、水洗顔や洗髪の注意事項としては、あまり熱すぎるお湯を使わないでください。熱いお湯は過剰に皮脂を落とすばかりか、皮膚へ熱によるダメージを与えます。この熱のダメージによる「熱老化」は、紫外線のダメージよる「紫外線老化」の次に老化の原因として大きいと考えられています。

皮脂の分解物が皮膚を刺激して赤みを生じる「脂漏性皮膚炎」の患者さんにも、水・ぬるま湯のみの洗顔は有効です。水だけの洗顔を多くするように指導すると、最初の1ヶ月程度は赤みがひどくなることもありますが、その後3ヶ月、半年と経つにつれて、赤みが取れて綺麗な肌になっていくケースも多いのです。

肌のクリニック

院長 岩橋 陽介

院長 岩橋 陽介

東京のAGA治療専門皮膚科「肌のクリニック」の院長ブログ。Twitterではスタッフと院長がつぶやいています。 [詳細]